尿管結石で入院しました。

更新:2016/09/30

写真

ナース人材バンクで転職するメリット


インターネットで転職活動をする方も多くなってきておりナース人材バンクなど人気のサイトが増えてきております。看護師など医療業務に対しては大きな利点なども感じられ、ナース人材バンクを有効的な点において活用することが重要点です。こういった介護や看護サービスではアフターサポートが充実し、多くの方に満足されやすいサービスなどにレベルアップしてきております。

今では医療分野について非常に多くのインターネット上の機能などで人気であり、魅力もあり身近なサービスへとなっています。さらにネット社会に関連して転職の情報は多岐に渡ったものとされ、派遣看護師として転職希望のユーザから大変活用されております。現代ではウェブサイト内でも高評価になってきており、信頼などが高いものなどへとなっております。もちろん医療のサービス全体も進化してきておりますし、満足できる内容などに進歩されているようです。

ナース人材バンクに対して関心を持たれたなら、是非ネット内で口コミサイトを利用されてみるのも大変お勧めだと考えられます。こういった介護関連サービスも、トータルサポートなどの整備されてきており、誰でも利用しやすいものに変化するようになっています。全体的にみますと効率的な転職情報管理方法も改善されてきており、かなり柔軟的なサービスへとレベルアップされています。
ナース人材バンクの評判・口コミナビ。申し込み前に必ずチェック!



突然激しい痛みに襲われて。

私は現在50歳になりますが、22歳の頃尿管結石という病気で入院したことがあります。 ある日曜日の朝、目が覚めるとなんとなく背中から腰のあたりにかけて、酷い筋肉痛のような痛みを感じました。前日激しい運動や重い荷物を持ったとか覚えが無く寝違えたのかと思ってトイレに行ったのですが、用を足し終えた直後から心臓の鼓動に合わせてズキン、ズキンと痛みがひどくなって行きました。

今までそんな経験がなかったので同時に不安に襲われました。しばらくしても痛みは引かずそれどころか背中から下腹部に至るまで広範囲に激しい痛みが広がって行き、吐き気を催すほどでした。どうしようもなくなって母親に救急車を呼んでもらって病院に担ぎこまれました。

なんとかして下さい。痛くて死にそうです。

救急車に乗せられてから病院へたどり着く道のりはとても長く感じられ、我慢できずに呻き続けていました。救急隊員の人に症状とか今までこんなことがあったかなど聞かれましたが、意外と頭の中は冷静できちんと受け答えをしていました。いっそ気を失った方が楽なのにと思ってしまいました。やっとのことで病院にたどり着きましたが、当然痛みの原因が何なのか検査しなければ対処の方法がありません。

自分がこんなに苦しんでるのに、お医者さんをはじめ病院の人達は意外とのんびりとしているように見えて苛立ちさえ感じてしまいました。レントゲンや尿検査など激痛を堪えて検査を受けました。

検査の結果が判明しました。

検査の結果、腎臓に出来た石が尿管に出て来るときに激痛を引き起こす尿管結石という症状でした。どこかで聞いたことがある気がしましたがお医者さんに説明を受けている間もそれどころではなく痛みは続いていました。しかし痛みの原因が分かったことと、直ちに命に関わるような病気ではないと言われ多少は安心できました。かなり太い鎮痛剤の注射を打たれて病室に移され、即入院となりましたが、それでも痛みが引かずもう一本注射が追加されました。

もしもこの痛みが続くようなら病院の屋上から飛び降りて死んでしまおうと本気で考えるほどでしたが、いつの間にか寝入ってしまったようで次に目が覚めたときはウソのように痛みは引いていました。とても幸せな気分になってしまいました。

入院生活

その後尿管に降りたと思われる石が出て来るかどうか確認するため、オシッコの際には網のようなもので尿を濾して用を足していましたが、結局のところ見つかりませんでした。 4日間入院してその他の検査も受けましたが特に異常は見当たらず退院となりましたが、あんな痛い思いをしたのに周りは何事もなかったような態度だったので拍子抜けしてしまいました。どうやら良くある事らしいということでした。

その後

あんな痛い思いはこりごりだと痛感しましたが、それから10年の間に2回ほど同じ状況で入院する羽目になってしまいました。さすがに2回目からはまた来たかという感じで多少心の余裕はありましたが、痛いことには変わりはありませんでした。今でも再びあの痛みがやって来ないかと怖くなるときが度々あります。